軽さ 1590


Bag創りを始めた頃

何が大事な事かと思った。

それは“軽さ”ということだった。

形と素材が見事にバランスしているということ。

以来、皮革問屋からタンナー(皮革を作る工場)まで軽い素材を探して日本中、世界へと旅をした。

頑丈な構造は重くなってしまう。

軽いものは壊れ易い傾向にある。

あれから三十数年、まだまだ旅の途中

軽くていい作品に近づけただろうか?  















いい女 1716


俗にいい女がいいBagを

もっているとは限らない。

オシャレで控えめ、シンプル

流行に遅れない

外出のときなどよい相談相手

いつも手離せない。

結局、いいBagを持っているから

いい女と言えるのだ。  













恋愛 1589


NO.1589は、NO.1588を

下敷きにして造られている。

NO.1588が発見されると同時に考えられ始めた。

造形作家とはそうしたものだ。

したがって丸5年間考え続けた

ことになる。

“ずーっと持っていたい”

“見染めたと同時に手から離したくない”

男女の仲にもこんな関係があるだろう。

そう、テーマは“恋をする程だ。”

物と心の間にも、そんな関係があっていい。













ル・コラ 1767


自宅に8年間棲みついて

いる犬がいる。

ミニチュア・シュナウザーで、名前はル・コラだ。

小さい頃は目に入れても可愛い。

いつでも全身を使って“おかえり”をしてくれる。

このバッグは、ル・コラへの日頃の感謝の気持ちで造られた。

少々ズングリして大ぶりなのは、

8年後の彼がそんな体型だからだ。

そんな訳でBagの名前は

「ル・コラ」という。 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車掌さん 2079


豊洲に住み着いて7~8年になる。

水の見えるところで生活し

たかったからだ。

時々、銀座から都バスに乗って帰る。

東京人になった気がする。

昔の車掌のBagを思い出しながら、今と帰るデザイン。 
















手袋 1770


ギャザー(ドレープ)

だけで成り立つBagを考えていた時、

手について思いついた。

手袋を逆さまにして、ギャザーに見立てる。

手の温もりが人から人に

伝わると幸いだ。 














風 1507


ecoを考えていた時自然をテーマにと

造形を思いついた。

それは風がバッグに吹きつけた

時、砂の風紋のように

風の指紋がつくような造形だ。

Bagに耳を当てると風の音が聞こえると嬉しい。


ちなみにecoであるので、

色は木(葉と幹)や海や大地のイメージで造ってみた。